最近、おもうこと

50歳から始めた”さをり織” 「自分自身を織り上げる」という創始者・城みさをさんのことばに惹かれました。

定年後の第二の人生、2016年7月に「姉妹塾 SAORIKO-UKO」 を和光市で開所しました。

大好きな”さをり織”を、多くの人に伝えて一緒に楽しみたいと思っています。

もうひとつのチャレンジは、10年間続けているネパールの貧しい家庭の子ども達の就学支援、この活動をもっと広げるために、

2017年4月に「ネパール子ども基金・里親の会」のブログを立上げたことです。

里子が自分自身の将来を切り開くために、私たちのボランティア活動が少しでもお手伝いができればと考えています。

そしてこの「SAORIKO日記」を再開しました。

2017-09-06

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー

ポスター画像

友人からのお誘いがあり、澁谷のユーロスペースで上映中の「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」を観てきた。息子に話すと市川亀治郎を連想したらしく、「いいな!舞台or映画?」と聞かれ、彼の世代では沖縄の瀬長亀次郎を知らないのも無理ないかと納得した次第。でもネーネーズがカメジローの歌を歌っているのよと言うと「へェー!知らなかったな」と。
最近あまり顔を見ないけれど、誰でも「ああ!あのキャスター」と思い起こす「筑紫哲也のNEWS23」でキャスターを務めた佐古忠彦の初監督作品。音楽は坂本龍一。

昨年春の「沖縄本島 3日間 辺野古・高江訪問ツアー」で訪れた「不屈館」の館長であるカメジローの次女のちひろさんが父の面影を語っている。
映画の最初に、現在の「辺野古新基地反対の県民集会」の様子が写され、「カメジローが戦った当時の沖縄返還!基地をなくせ!で一つになった15万県民集会の心を、この集会は引き継いでいます」というナレーションが胸に迫るものがあった。

27年におよぶ米軍占領下で、弾圧を受けても意志を曲げず投獄され、自宅の隣にある刑務所の独房に入れられ、毎日自宅の屋根を眺めていたというカメジロー。見張り塔が刑務所の外側にあり、「刑務所内ではなく我が家を見張っていたのでは?」というちひろさんのことばが嘘のような真実を語っている。

カメジローの演説には何万という人たちが集まり熱狂する。集会に潜り込んでいた元警察官も登場して彼のことばに打たれたと発言する。
「この瀬長一人が叫んだならば50m先まで聞こえます。この集会に集まった人々全員が声を揃えて叫んだなら全那覇市民まで聞こえます。70万沖縄人民が声を揃えて叫んだならば太平洋の荒波を越える」

米軍によって那覇市長の座を追われ、その後国会議員となって、沖縄返還協定に対して「これは沖縄人民が血の叫びで要求した沖縄返還協定ではない!」と国会で佐藤栄作首相を追求した。




0 件のコメント:

コメントを投稿