最近、おもうこと

50歳から始めた”さをり織” 「自分自身を織り上げる」という創始者・城みさをさんのことばに惹かれました。

定年後の第二の人生、2016年7月に「姉妹塾 SAORIKO-UKO」 を和光市で開所しました。

大好きな”さをり織”を、多くの人に伝えて一緒に楽しみたいと思っています。

もうひとつのチャレンジは、10年間続けているネパールの貧しい家庭の子ども達の就学支援、この活動をもっと広げるために、

2017年4月に「ネパール子ども基金・里親の会」のブログを立上げたことです。

里子が自分自身の将来を切り開くために、私たちのボランティア活動が少しでもお手伝いができればと考えています。

そしてこの「SAORIKO日記」を再開しました。

2017-10-16

コカリナ小組・コンサート in 樹林公園


生憎の長雨の月曜日、予てから計画していた「コカリナ小組・コンサート」が和光市の樹林公園で決行されました。時折雨足が激しくなる中、隣ではサッカーの足技の練習をする高校生?のBGMが鳴り響く中、つつましやかに私たちの演奏レパートリーは終わり、伝説の奏者・蔵持さんの模範演技です。お得意のトークをまじえながら数曲演奏してくださいました。
「同じコカリナなのかしら?」と皆が首を傾げる程、伸びやかな美しいメロディーが木々にこだまします。鈴木リーダーの「毬と殿様」の演奏も加わりました。自分たちの音色と比べながら「道は長い」とため息をつくメンバー達でした。










2017-10-14

「SAORI大宮」の適塾展(前半)




今朝、フェイスブックで「SAORI大宮」の適塾展を知りました。毎年近くのギャラリーで開催していたのですが、今年はギャラリーが閉店してしまったため、教室での開催です。会場が狭いので、前期(10/14~10/27)と後期(10/28~11/10)に分けての開催だそうです。
久々にSAORI大宮へ顔を出しました。スタッフの若い二人も元気そうでした。今、展示したばかりという三色交差の作品が華やかに適塾展を祝っていました。いろいろ素敵な作品が並んでいます。

「SAORI東京」も昨年は原宿のギャラリーで適塾展を開催しましたが、今年は教室で開催予定です。私たち元教室スタッフも日曜日クラスのメンバーとして出品が決まっています。
日程:11/10(金)~11/12(日)(3日間 10:00~18:00開催)
会場:渋谷区千駄ヶ谷5-5-2 SAORI東京 ☎:03-6273-1240


2017-10-12

斉藤嘉璋さんの【呼びかけ】戦後日本の大きな岐路となる総選挙を迎えて

私の元職場・日本生協連の仲間たちが中心になって活動している「生協だれでも9条ネットワーク」の呼びかけ人の一人・斉藤嘉璋さんが、このほどネットワークのブログにアップした「戦後日本の大きな岐路となる総選挙を迎えて」の文章を転載させてもらいます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

安倍首相の疑惑隠しと政権延命のために、急遽、首相の解散権を悪用して設定された総選挙が告示されました。戦争法をはじめとする憲法違反の悪法に対する私たち市民と立憲野党の共同しての闘いと森友・加計疑惑のもとでの都議選の敗北などで追い詰められての解散であり、私はこれを安倍政権と改憲勢力に立ち向かうチャンスと考えました。しかし、希望の党の立ち上げと民進党の合流、立憲民主党の結成といった事態が発生し、総選挙は自民・公明と改憲野党の希望・維新に対する立憲・共産・社民の護憲野党の対決という構図になってきました。
 自民党が初めて選挙公約に憲法9条改正を明記し、希望と維新も憲法改正を全面に出したということは初めてのことであり、まさに日本の国の在り方・憲法の根幹が問われる総選挙になってきました。
 この選挙にあたり、「九条の会」は10/5付けで「戦後日本の歴史と憲法の岐路に立って」という声明を出しました。
 私はこの声明にあるように「希望の党や日本維新の会などとあわせ改憲勢力が3分の2を占める危険性がたかまった」と考えます。声明は「安倍改憲を許さないという声を挙げましょう」と呼びかけ、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」の「安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名」を3000万署名運動として取り組む提起をしています。
 私たちの仲間である「大学生協九条の会」も総選挙にあたり、10/6付けで事務局名のアピールを発表し、そこでは総選挙の取り組みの一環として各大学生協が進めている「ヒバクシャ国際署名」に取り組むことを掲げています。
 私たち「生協だれでも9条ネットワーク」は今回の総選挙にあたってのアピールなどを出すことについて世話人会などで論議をしていません。この間の打ち合わせでは「総選挙それぞれに頑張って、11月3日の国会包囲大行動後に拡大世話人会をもって、今後のことを論議しよう」ということになっています。
 この文書は私の個人的なものですが、皆さんが「九条の会」の声明などを参考に認識を新たにし、「九条の会」の提起する3000万署名や日本生協連はじめ各生協が取り組んでいる「ヒバクシャ署名」などに取り組むこともあわせ、この選挙戦に取り組まれることを希望するものです。
 「安倍9条改憲NO!全国市民アクション11.3国会包囲大行動」とその後の「集い」に多くの方が参加し、元気に今後のことを語り合えることを期待しています。
(2017.10.10)



2017-10-08

RISO festival みんなで咲かそう 秋のアート桜!







息子の同級生がリーダーを務めるブラジルの太鼓グループ「RISO」のコンサートが和光市のサンアゼリア小ホールで開らかれました。
裏方を担当する息子を激励に行こうと友人と二人で会場へ。市内の子どもダンスグループの舞台は、小学校低学年の愛らしい女の子たちの踊りに目が奪われてしまいました。
打楽器だけのコンサートは初めてだったのですが、なかなか迫力があり、何と言ってもお腹に響く明るい南国のリズムに体が自然に動いてしまいます。
駅前の居酒屋さんが出店していて、キーマカレーにウーロンハイを買い、孫の話題で盛り上がっていると、白いスーツの女性が突然そばに寄って来て、「いろいろお騒がせしました」と言うのです。なんと見ると「ハゲー!」の吾人。衆院選に立候補するため、このような催しにも潜り込んできているかしら? すっかりしらけてしまった次第です。


2017-10-06

さをり姉妹塾 SAORIKO-UKO


本日はのれんを作りたい人とタペストリーを作りたい人が「SAORIKO-UKO」を訪れました。
赤の大好きなあややは気に入った赤糸を見つけ出し、原毛を入れたり、宝の山をほじくり糸の束を織り込んだり、結構楽しんで仕上げて帰りました。
まりこさんは長丁場ののれん作りにいささかプレッシャーを感じたようで、「夢にまでさをり織が出てきた」とメールをくれました。あらあら!今月中には織り上げて、リビングの入り口に掛けられるとよいですね!
あややは家に帰ると早速タペストリーを玄関に飾り、写真を送ってくれました。